今年は、日本中で大きな災害がいくつも起こりました。犬のために備えることができる防災対策や避難の時に知っておいてほしい注意点をまとめました。

災害が起こる前にやっておくこと

普段からの備え

  1. 防災対策

    自宅の防災対策は、犬の目線からも確認しておきましょう。犬が普段いる場所、ケージや犬小屋のまわりに、転倒しやすい家具や破損しやすい壁、ガラス窓はないかなど、人も犬も負傷しないように耐震補強や家具の固定など、安全確保の対策をしておきましょう。

  2. ペットのしつけと健康管理

    災害時には、避難所で不特定多数の人と一緒に過ごすことも、知人やボランティア団体などに犬を一時保護してもらうことも想定されるので、普段からケージに慣らしておく、不要にほえないようにする、排泄(はいせつ)などの基本的なしつけをしておくことが大切です。また各種の予防接種や寄生虫駆除も重要です。

  3. 迷子札やマイクロチップ

    災害の状況によっては、残念ながらペットと離ればなれになってしまうこともあります。どこかで保護された際、すぐに飼い主が分かるように、普段から迷子札を付けておきましょう。またマイクロチップを入れるといった対策も有効です。
    ※マイクロチップとは、体内に埋め込む円筒形の電子標識器具で、専用リーダーで登録された犬の所有者情報がわかるものです。
    くわしくは環境省「動物の愛護と適切な管理」(外部サイト)をご覧ください。

ペット用の備蓄・避難訓練も忘れずに

  1. ペットのための非常用持ち出し袋

    忘れがちなのが、犬の食料やお水を用意すること。避難所では人に対する救援物資は配布されますが、ペット分は基本的に飼い主の責任で準備します。ライフラインなどの寸断に備え、5日分は用意してすぐに持ち出せるようにしておきましょう。

  2. 情報収集と避難訓練

    住んでいる地域のハザードマップや防災計画を確認しておきましょう。実際に家族や犬と一緒に、近くの避難所に行ってみて、危険な場所や所要時間などを把握しておくなど、避難訓練をしておくのもよいでしょう。

ペット用の非常用持ち出し袋の写真

災害発生、犬と一緒の避難

避難所に犬を連れて行ってもいいの!?

  1. 同行避難は原則

    災害時には、飼い主と飼い犬が一緒に避難をする「同行避難」が原則とされています。首輪とリードをつけ、また小型犬はキャリーバッグに入れるなどして避難します。災害時は、人間も動物も興奮しているので、普段と違う行動を起こすことがあります。しっかり落ち着いて頭上と足元に気を配りながら行動しましょう。

  2. 避難所での注意点

    避難所に着いたら、避難所の運営本部にペットとの避難に関するルールを確認しましょう。ただし災害直後は避難所の運営人員もルールも整っていないことが十分考えられますので、その際は、他の避難者との事故やトラブルを防止するためにはどうしたらよいか、飼い主同士が協力し、自主的に状況に対応していく必要があります。また避難が長期にわたる場合は、知人や保護団体にペットを預かってもらうなどのケースも想定しておきましょう。

動物・ペット支援団体に寄付をしよう

被災地でのレスキュー活動への協力、殺処分防止のための保護活動など、犬やペットのためにさまざまな団体が活動しています。
クレジットカードは100円から、Tポイントは1ポイントから寄付ができます。みなさまのご支援をお願いします。

災害救助犬、セラピードッグの育成派遣
大切な命を救う動物福祉活動にご協力下さい

認定NPO法人日本レスキュー協会

「犬とともに社会に貢献する」を理念に、災害時に行方が分からなくなった方を探し出す「災害救助犬」の育成、精神的な痛手や不安を軽減させる「セラピードッグ」の育成、虐待や飼育放棄等にあった犬や猫たちを救い、新たな家族を探す「動物福祉活動」などを行っています。

2,106,622 円

10,564 人

「大きな声、大きな力」で日本の動物福祉の向上を

公益財団法人 動物環境・福祉協会Eva

杉本彩率いる公益財団法人動物環境・福祉協会Evaは、人と動物が幸せに共生できる社会を目指し、全国各地での講演、啓発活動、動物に関する法律や制度等に対する国および地方自治体への働きかけなどを行っています。

2,468,673 円

10,296 人

2020年を目標に、アニマル・ウェルフェアに則った犬猫の殺処分ゼロを目指して

一般財団法人 クリステル・ヴィ・アンサンブル

滝川クリステルが代表理事をつとめる一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブルは、2020年までにアニマル・ウェルフェアに則った犬猫殺処分ゼロ、及び生物多様性保全を目的として活動しています。

15,615,750 円

38,815 人

捨てられた犬や猫たちを救おう

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

保健所で殺処分されるはずだった犬と猫を保護して、里親を探すことで命を救う団体です。施設には付属の動物病院をもち、飼育・健康管理・譲渡までを一貫して行っています。16年間の活動を通して、15,000頭以上の命を救ってきました。

135,212,096 円

378,424 人

盲導犬の育成を応援しよう!

公益財団法人 日本盲導犬協会

厚生省(設立当時)の認可を受け、日本で最初に設立された盲導犬育成団体です。目の見えない人、目の見えにくい人が、行きたい時に、行きたい場所へ行くことができるように、安全で快適な盲導犬との歩行を提供しています。

8,076,353 円

26,555 人

保護犬を聴導犬・介助犬に育てる募金

社会福祉法人 日本聴導犬協会

厚生労働大臣指定法人として「聴導犬」「介助犬」の「訓練と認定」を認可された補助犬育成団体です。保護犬の中から適性をみて聴導犬や介助犬に訓練し、無料貸与や無料アフターケアを継続しています。

6,221,843 円

16,969 人

日本で殺処分される犬を「ゼロ」に ~ピースワンコ・ジャパン~

認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン

災害支援を支える災害救助犬・セラピー犬の育成や、人間の身勝手によって生み出される犬・猫の殺処分をなくすことを目指した保護・譲渡活動、教育・啓発活動などを行っています。

8,325,506 円

31,299 人

知ることで守れる命がある

ペットの実情や支援団体の活動の様子を詳しくご紹介しています。多くの方に知ってもらうことも支援につながります。

掲載期間:2018年11月1日~終了日未定
写真提供協力:認定NPO法人日本レスキュー協会
写真:アフロ