ここから本文です

米国ハリケーン災害救援金


インターネット募金多くのご支援、ありがとうございました。
※2005年10月6日をもって募金受付は終了いたしました。

Yahoo!ボランティアでは、2005年9月13日~10月6日の期間、被災地の方々の支援を目的に、壁紙を購入いただくことで、購入金額全額を募金できる「インターネット募金」へのご協力を呼びかけました。
その結果、多くの方々にご賛同いただき、購入金額の合計は下記のとおりとなりました。
購入金額に含まれる消費税は別途納税し、その消費税と同額をYahoo! JAPANが補填(ほてん)した後に、日本赤十字社を通じて寄付します。
皆さまがお支払いくださった金額のすべてが、被災された方々への支援に活用されます。

募金額
467,900
募金人数
471

送金報告 ( 日本赤十字社 へ送金)

  1. 合計寄付金額2006年3月15日467,900
  2. 第1回送金2005年12月15日日本赤十字社433,100
  3. 第2回送金2006年1月13日日本赤十字社29,300
  4. 第3回送金2006年2月15日日本赤十字社7,100
  5. 第4回送金2006年3月15日日本赤十字社300

日本赤十字社 よりメッセージ

このたびは「米国ハリケーン災害」のための国際救援金募集にご協力いただきありがとうございました。
ハリケーン・カトリーナは、アメリカ合衆国南部のルイジアナ州に上陸し、同州の他、ミシシッピー州、アラバマ州を中心とした日本の本州の面積に匹敵する広範囲に被害をもたらし、ルイジアナ市では、市内の80%が水没、各地で1,000名を超える尊い命が奪われました。
アメリカ赤十字社では、全米25州に1,150か所の赤十字避難所を開設し、続いて上陸したハリケーン・リタの被災者を含め、300万人を超える被災者の救援活動にあたりました。全米から動員された赤十字スタッフやボランティアも20万人を超えるという、史上まれに見る大規模な災害救援活動となり、カナダ、メキシコなどの周辺10か国の赤十字社からも救援チームが派遣されルイジアナ州支部で活動を続けております。
日本赤十字社に寄せられた救援金も、10月8日までの募集期間に、11,405件、545,140,342円にのぼりました。日本赤十字社では、皆様からお寄せいただいた救援金をアメリカ赤十字社に送金し、被災した皆様の救援活動に役立てさせていただきます。
皆様のご支援に心から感謝申し上げます。

本文はここまでです このページの先頭へ