ここから本文です

チリ大地震救援金

倒壊した病院
(C)日本赤十字社

インターネット募金多くのご支援、ありがとうございました。
※2010年5月6日をもって募金受付は終了いたしました。

Yahoo!ボランティアでは、2010年3月1日~5月6日の期間、被災地の方々の支援を目的に「インターネット募金」へのご協力を呼びかけました。
 その結果、多くの方々にご賛同いただき、募金金額の合計は下記のとおりとなりました。

壁紙購入金額に含まれる消費税は別途納税し、その消費税と同額をYahoo! JAPANが補填(ほてん)した後に、日本赤十字社に寄付します。Yahoo!ポイントによる募金の場合は、1ポイント=1円換算して同じく寄付します。皆さまがお支払いくださった金額のすべてが、被災された方々への支援に活用されます。

募金額
10,551,184
募金人数
27,265

送金報告 ( 日本赤十字社 へ送金)

  1. 合計寄付金額2010年6月30日10,551,184
  2. 第1回送金2010年4月30日日本赤十字社3,371,395
  3. 第2回送金2010年5月31日日本赤十字社6,776,405
  4. 第3回送金2010年6月30日日本赤十字社383,434

日本赤十字社 よりメッセージ

このたびは、2010年2月27日にチリで発生した大地震のための国際救援募金にご協力いただき、誠にありがとうございました。
2月27日に発生したマグニチュード8.8の大地震と津波により、死者432名、損壊家屋約20万戸の甚大な被害が報告されています(政府発表による)。

今回の地震・津波被害により200万人が被災したと言われており、その多くは農業や漁業で生計を立てていました。
国際赤十字は3月10日に緊急アピール額をおよそ11億2,000万円(1,300万スイスフラン)に増額すると発表し、今後1年間で救援物資の配付や仮設住居の支援のほか、予防のための地域保健事業、生計再建事業、災害対策事業を行っていきます。

活動内容について

チリ大地震救援金について
2010年2月27日に発生した「チリ大地震」は、甚大な被害をもたらしました。日本赤十字社がおこなっている支援活動の様子をご報告いたします。

  • 倒壊した病院
    (C)日本赤十字社

  • 入院病棟となるテント10張の周りには、トイレやシャワーが設置され、水道・発電設備も完備している
    (C)日本赤十字社

  • 入院病棟となるテント10張の周りには、トイレやシャワーが設置され、水道・発電設備も完備している
    (C)日本赤十字社

  • 病院スタッフと医薬品の整理方法について話し合う
    (C)日本赤十字社

本文はここまでです このページの先頭へ