ここから本文です

中国豪雨災害救援金

甘粛省で浸水した道
(c)中国紅十字会/IFRC

インターネット募金多くのご支援、ありがとうございました。
※2010年9月30日をもって募金受付は終了いたしました。

Yahoo!ボランティアでは、2010年8月12日~9月30日の期間、被災地の方々の支援を目的に「インターネット募金」へのご協力を呼びかけました。
 その結果、多くの方々にご賛同いただき、募金金額の合計は下記のとおりとなりました。

壁紙購入金額に含まれる消費税は別途納税し、その消費税と同額をYahoo! JAPANが補填(ほてん)した後に、日本赤十字社に寄付します。Yahoo!ポイントによる募金の場合は、1ポイント=1円換算して同じく寄付します。皆さまがお支払いくださった金額のすべてが、被災された方々への支援に活用されます。

募金額
671,293
募金人数
1,154

送金報告 ( 日本赤十字社 へ送金)

  1. 合計寄付金額2010年11月30日671,293
  2. 第1回送金2010年9月30日日本赤十字社131,750
  3. 第2回送金2010年10月31日日本赤十字社366,543
  4. 第3回送金2010年11月30日日本赤十字社173,000

日本赤十字社 よりメッセージ

このたびは、中国豪雨被災者支援のためにご協力いただき、誠にありがとうございました。2010年5月から中国中南部を中心に降り続いた記録的な豪雨は、8月に入り中国東北部や北西部にも拡大、各地で大規模な洪水や土砂災害が相次ぎました。2010年に入ってからの水害の被災者は2億人を越え、1,200万人が避難。8月7日までの死者・不明者は合わせて2,000人以上にのぼります。また、8月8日未明には甘粛省舟曲県で豪雨による大規模な土石流が発生、この災害の死者・行方不明者は1,700名以上となっています。
皆さまからの救援金は、これまで行ってきた救援活動とともに、今後の復興支援活動を通じて被災された方々のために役立たせていただきます。

活動内容について

中国豪雨災害救援金について
2010年5月から中国中南部を中心に降り続いた記録的な豪雨は、8月に入り中国東北部や北西部にも拡大、各地で大規模な洪水や土砂災害が相次ぎました。なかでも、8月8日未明に甘粛省舟曲県を襲った豪雨による大規模な土石流は一瞬にして1700名以上の死者・不明者を出す甚大な被害をもたらしました。
2010年に入ってからの洪水・土石流による死者は3185名、不明者は1060名、28省における総被災者数は2億3000万人にのぼります(2010年8月31日現在)。

■ 中国紅十字会の支援
 中国の赤十字社にあたる中国紅十字会(本社)は、各地の洪水被災者支援のために国内での義援金を募集し、テントや食料、水、布団など、約3億6000万円相当の救援物資を被災者に届けてきました。この他、被災地の各支部もそれぞれ大量の救援物資を届けています。
 また、8月8日の甘粛省の土石流災害に対しては、紅十字会の甘粛省支部がただちに隣接する省の防災備蓄庫から4000万円相当の救援物資(テント100張、布団3650枚、飲料水14500本、簡易食品10700個など)を被災地に届けました。紅十字会に寄せられた救援金や物資は7億9000万円相当にのぼり、被災者の救援・復興にあてられています。

■ 国際赤十字の支援
 国際赤十字は、8月の甘粛省の土石流被災者救援のために中国紅十字会が行っている救援活動に対して、国際赤十字の災害救援緊急基金から50万スイスフラン(約4000万円)の資金援助を行いました。これは、被災者に食糧、衛生用品、台所用品を配るために使われます。

■ 日本赤十字社の支援
 日本赤十字社は甘粛省の土石流被災者支援のため、上述の国際赤十字の活動に対して1000万円の資金援助を行いました。 また、2年前の大地震の被災地でもあり、この夏の洪水で甚大な被害を受けた四川省、陝西省、および雲南省の被災者に対して、約7000万円相当の救援物資の配布を行う予定です。

  • 甘粛省で浸水した道

    (c)中国紅十字会/IFRC

  • 2年前の大地震の被災地でも豪雨被害が。四川省の激震地の一つの綿竹市中心部の清平郷への道は崖崩れでふさがり、地震後再建されたばかりの多くの家が土石流に襲われた。

    (c)中国紅十字会

  • 大規模な土石流が発生した甘粛省舟曲県で、中国紅十字会は取り急ぎ飲料水と即席麺を配付。その後も避難者リストに基づき、救援物資が配られている。

    (c)中国紅十字会/IFRC

  • 救援指揮部に積まれた赤十字の支援物資四川省綿竹

    (c)中国紅十字会

本文はここまでです このページの先頭へ